• 指しゃぶりと歯並びの関係

    今回は、指しゃぶりと歯並びの関係に関して書きたいと思います。

    指しゃぶりは、胎児期は母乳を飲むための練習、乳児期は味や性状を把握するために行うものと考えられております。しかし、就学時期近くになっても続けている場合は早急な対応が必要になってきます。

    初診時7歳の患者様の治療前の写真です。

      

    指しゃぶりを続けた結果、上顎前突・開咬(上下前歯が大きく開いてしまう)になり審美障害・発音障害・咀嚼障害を起こしました。
    治療はまず、指しゃぶりをやめることから始めます。使う道具としてトレーナーというマウスピースみたいなものを就寝中につかいます。これにより指しゃぶりを防止し、口腔環境を整えていきます。

    治療後の写真です。

      

    指しゃぶりが気になる方は、ぜひ一度ご相談ください。 日本矯正歯科学会 認定医 松山陽介

ご予約・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

03-3962-0012

【診療時】10:00-13:00 / 14:20-18:40
※診療時間20分前最終受付
土曜午後は14:20-18:00
日曜は10:00-14:00
【休診日】木曜、日曜(不定期)、祝日

JR埼京線 板橋駅西口より徒歩0分
地下鉄三田線 新板橋駅より徒歩5分
東武東上線 下板橋駅より徒歩6分

〒173-0004 東京都板橋区板橋1-14-6

診療時間

岩永歯科医院

診療カレンダー

:休診 :矯正診療 :日曜診療