X-era Smart

岩永歯科医院では、院内に歯科専用CTスキャンを設置し、インプラントの骨の量の確認や親知らずの位置、深い虫歯の治療、歯周病治療など、より精密・正確な立体的診断に活用しております。

歯科医院における院内CTの導入は必要不可欠な時代にきていると言われています。従来のレントゲン撮影による平面(2次元)の写真では見えなかったことが、立体(3次元)のCTでは発見できることが多々あります。

当院では、YOSHIDA社のエクセラスマート(X-era Smart)という機種のCTを院内に導入しています。

当院のCT 3つのポイント

高画質で鮮明

歯根の形態や根尖方向など細部の把握が鮮明に可能です。今まで歯ぐきや骨を切ったり削ったりして(開けて)初めて分かることが、術前に(手術をせずとも)把握が可能になります。根管治療(歯内療法)をはじめ、多くの治療に活用ができます。

根管の状態
▲2D画像ではわからなかった根管の状態が、3Dの仮想内視鏡モード画像では二股に分岐していることがわかります

低線量で安心

低線量

患者さんの気になる点は一つに撮影時の放射線量もあるかと思います。当院導入のCTは必要な部分だけをピンポイントで撮影することができます。これにより本来受ける必要のないX線量を削減しています。

お手軽スマート撮影

歯科用CT撮影

CTと聞くと大がかりで広いスペースをイメージしがちですが、最新の歯科用CTは、今までのレントゲン室のお部屋にコンパクトに設置しております。圧迫感もなく従来のレントゲン撮影と同じように立ったり座ったりしたまま、あごを低位置に乗せていただくだけでお気軽に撮影が可能です。

撮影を大病院などに外部依頼しませんので、外の病院・施設などにわざわざ足を運んでいただくお手間・わずらわしさもありません。

こんな治療にCT診断を活用しています

インプラント

インプラントCT診断

インプラントを安全に成功させるポイントの一つが「骨の厚みや量」を術前に把握することです。骨の奥行きまでは従来のレントゲン撮影では正確に把握することは難しく、立体的に撮影できるCTが必要不可欠です。

顎の神経にインプラントが深く入ってシビレが出たり、骨の無い位置にインプラントを入れてしまって術後にインプラントが取れたり露出してしまったりしては本末転倒です。

そのようなリスク・危険性を避け、安全にインプラントを埋入し成功率を高めるためのCT撮影となります。

⇒インプラントについて

親知らずの抜歯

親知らずと下歯槽管

親知らずの抜歯でもっとも気を付けなければならないことは、下あごの神経の位置の把握です。親知らずの根と下あごの神経が近かったり重なったりしている場合、親知らずを不用意に抜歯してしまうとアゴにシビレが出てしまいます。通常のレントゲンでは、この下あごの神経の位置が正確に把握できないこともあるため、CT撮影を行うことがあります。親知らずを安全に抜歯するための大切なポイントです。

⇒親知らずの抜歯

根管治療(深い虫歯の根(神経)の診断)

歯の神経

歯の神経は人間の肉眼では分からない程、細くて非常に複雑な形態をしています。CT撮影をすることで神経内部をより正確に把握でき、より正確な根管治療を目指しやすくなります。従来は切開して分かる根の病巣や破折なども、CT撮影で術前に治療せずとも初めて見つかるケースもあります。

⇒根管治療について

歯周病

歯周病

歯周病は歯を支える顎の骨が溶ける病気です。溶けた骨の量や厚みがどれくらいのものなのか、事前にCT撮影で立体的に把握することで、進行度合いに応じた適切な治療を行えます。

⇒歯周病について

矯正歯科

インプラント矯正

CT撮影により、歯並びの位置のズレ、歯の動きの予測など、より効果的な矯正治療計画の立案に役立ちます。また、インプラントアンカースクリューを固定源にしたインプラント矯正の施術にも役立ちます。当院ではCT機能以外にも矯正用レントゲン機能「セファロ」を搭載しています。

⇒矯正歯科について

ご予約・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

03-3962-0012

【診療時】10:00-13:00 / 14:20-18:40
※診療時間20分前最終受付
土曜午後は14:20-18:00
日曜は10:00-14:00
【休診日】木曜、日曜(不定期)、祝日

JR埼京線 板橋駅西口より徒歩0分
地下鉄三田線 新板橋駅より徒歩5分
東武東上線 下板橋駅より徒歩6分

〒173-0004 東京都板橋区板橋1-14-6

診療時間

岩永歯科医院

診療カレンダー

:休診 :矯正診療 :日曜診療