• 歯並びが気になる
  • 歯並び・咬み合わせの相談をしたい
  • 矯正無料相談を受けたい

日本矯正歯科認定のドクターが担当いたします

当院の矯正治療について

日本矯正歯科学会認定医

矯正治療の目的は、上下の咬み合わせをよくし、口元を整えると同時に咀嚼を円滑にすることに加え、虫歯・歯槽膿漏になりにくく健康を増進させることです。また、美しく整った歯並びは一層明るく、ポジティブな性格をきっと引き出してくれるでしょう。

当院では矯正治療だけでなく、審美的、外科的などいろいろな角度から口腔環境を改善していくことを考えております。ご相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

日本矯正歯科学会認定医:松山 陽介

インフォームドコンセントを大切に

患者様とよく話し合い無理な治療はせず、治療内容を決定していきす。

他科の先生と連携して総合的な治療

矯正治療中は、セルフケアが難しく虫歯や歯周病になりやすい傾向にあります。当院では、矯正専門医院と違い、一般歯科もフォローし重症になる前に防ぐことができます。ケアの料金に関しては毎回の調整料金に含まれております。ご安心してお受けください。

矯正歯科学会認定医による治療

実績のあるドクターですので安心して治療をお受けできます。

⇒矯正歯科学会認定医とは

一般歯科との併用治療

虫歯・歯周病治療

矯正装置がついている間は、物が詰まりやすく虫歯になることが多いです。矯正専門歯科と違って、虫歯治療も歯周病治療も当院でおこないます。矯正専門医院では、設備が無く、他院で治療をおこなうので、時間と費用が余計にかかります。現在は、一般歯科や口腔外科、小児歯科が併設されていることが主流になってきております。

抜歯などの外科治療

矯正治療が終わりますと、今度は親知らずの問題がでてきます。まっすぐ生えていてかみ合わせに関係がある場合はいいのですが、横に生えている場合は矯正治療後に歯を押すので歯並びが悪くなる可能性がございます。このような場合、抜歯をしなければなりません。これも当院で行うことができます。また、インプラントを併用した矯正治療なども可能です。

ホワイトニング・セラミックなどの審美治療

矯正治療だけでは綺麗にならない歯の形、色も当院で治療することができます。

矯正装置の種類

メタルブラケット

メタルブラケット

メタルブラケットは、どうしても装置(ブラケット)が目立つという難点がありますが、金属のブラケットは、金属の特性により、薄くて丈夫です。
また、他のセラミックブラケットやデーモンシステムなどの装置に比べて、比較的低コストで治療を行えます。外からの見た目にはあまりこだわらず、治療費を抑えて、通院回数を抑えたい方に合った装置です。

ブラケット、ワイヤーともにシルバーのものです。

クリアブラケット

クリアブラケット

歯列矯正には幾つかの方法がありますが、現在世界的に最も一般的な方法はマルチブラケット法です。マルチブラケット法とは、ブラケットという装置を動かしたい歯の表面に装着し、ワイヤーを通して歯列を整える方法です。

従来は金属製の装置を装着していたため、装置がどうしても目立ってしまうというのが患者さんの悩みでした。そんな患者さんの声を受け、考案し開発されたのが「クリアブラケット」です。

ブラケットはクリアーでワイヤーはシルバーのものです。

invu(インビュー)

インビュー

インビューとは、現在治療に使用するセラミックブラケットの中で、一番自然な色合いで審美性が非常に高いブラケットです。患者さんにも違いを実感していただける確かな審美性と素晴らしい操作性で矯正治療をスムーズに快適にします。

インビューは治療期間中着色も変色もほとんどありませんし、ホワイトワイヤーと併用することにより治療期間中目立たない状態で矯正治療が可能です。

ブラケット、ワイヤーともに歯に近い色です。

裏側矯正

裏側矯正

裏側矯正は舌側矯正(ぜっそくきょうせい)とも呼ばれ、その名の通り、歯の裏側(舌のほう)から装置を取り付ける矯正治療の方法です。表側からは見えにくいためほとんど装置を付けていることが気づかれる事がありません。

人前でお仕事をされている方や従来の表側装置にどうしても抵抗のある方に向いています。発音や滑舌には影響が出ますが、使っていくうちにある程度は慣れてきます。

矯正治療症例

叢生/17歳男性/治療期間 3年1ヶ月

口元:叢生の術前術後

叢生の術前術後

右側:叢生の術前術後

左側:叢生の術前術後

上顎:叢生の術前術後

下顎:叢生の術前術後

開咬/23歳女性/治療期間 3年2ヶ月

口元:開咬の術前術後

横顔:開咬の術前術後

正面:開咬の術前術後

右側:開咬の術前術後

左側:開咬の術前術後

上顎:開咬の術前術後

下顎:開咬の術前術後

反対咬合/15歳女性/治療期間 2年6ヶ月

口元:反対咬合の術前術後

横顔:反対咬合の術前術後

正面:反対咬合の術前術後

右側:反対咬合の術前術後

左側:反対咬合の術前術後

上顎:反対咬合の術前術後

下顎:反対咬合の術前術後

叢生/14歳男性/治療期間 2年2ヶ月

口元:叢生の術前術後

横顔:叢生の術前術後

正面:叢生の術前術後

右側:叢生の術前術後

左側:叢生の術前術後

上顎:叢生の術前術後

下顎:叢生の術前術後

⇒小児矯正の治療例はこちら

治療順序と治療費

治療順序

  1. 矯正相談(治療説明)
  2. 検査(口腔内模型・レントゲン・写真)
  3. 診査・診断
  4. 矯正装置を選択(装置の種類はこちらから
  5. 装置の調整(3~4週に一度)

治療費(税別)

治療費については料金表ページ内の矯正歯科の項目をご覧ください。

⇒矯正歯科の治療費について

矯正治療ご家族・ご紹介割引き

ご家族・ご紹介割引き

歯や顎の大きさは遺伝するため、家族で似たような歯並びになることは多くあります。兄弟で矯正治療が受けやすいように、家族割引制度を設けております。親子での適用も可能です。

ご両親が歯科治療中の方 お子様 -3万円
ご家族が矯正治療中の方 ご家族 -5万円

ご紹介制度

ご紹介制度を設けております。お知り合いで矯正治療をお考えの方は、ぜひご紹介くださいませ。ご紹介の方に歯科ケアセット、ご紹介された方は-3万円で矯正治療を受けられます。

日本矯正歯科学会認定医とは

認定証

Dr.松山は日本大学歯学部を卒業、同大学矯正歯科専攻課程を修了し、歯科矯正学を専門に学んできました。大学病院で培った技術を活かし、小さなお子さんからご年配、難症例まであらゆる患者さんの歯並びやかみ合わせを改善して参りました。

日本矯正歯科学会は、日本でもっとも権威のある矯正歯科学会で、高水準の審査をクリアし、長いキャリアと症例実績を積まなければ認定医として認められません。

矯正歯科の選び方

矯正歯科医を選ぶ時の判断基準の一つに、日本矯正歯科学会が認める「認定医制度」があります。日本矯正歯科学会は日本でもっとも権威ある矯正学会で、高い基準をクリアし、相当年数のキャリアと症例実績を積まなければ、認定医として認められません。現在、その数は全国でもわずか2,900人程度。矯正治療を行う歯科医全体の約1割にしか過ぎません。もうひとつに、専門性もありながら一般歯科と連携がとれる医院です。矯正治療中は、非常に虫歯になりやすい環境ですので虫歯治療や外科治療もできる歯科医との連携が不可欠になってきます。

認定医資格取得の基準とは?

認定医の資格を得ようとする者は、学会に申請し学会認定医委員会の審査に合格しなければならない。認定医の申請は、次の各号を満たす者に限られる。

  1. 歯科医師免許を有する者
  2. 歯科医師免許取得後、引き続き5年以上の学会会員である者
  3. 学会指定研修機関における矯正歯科基本研修およびその期間を含めて、5年以上にわたり矯正歯科臨床研修を修了した者。または、同等の学識、技術、経験を有すると判断される者
  4. 学会の認めた刊行物に矯正歯科臨床に関連する報告を発表した者
  5. 学会倫理規定を遵守する者

治療前の丁寧なカウンセリング(矯正無料相談)

当院では、十分時間をとり、様々な患者さんの条件に合わせたカウンセリングを行っています。

カウンセリング時に行うこと

  • STEP1:どのようなことで悩まれているか、どのようにされたいかをお聞きします
  • STEP2:場合により口腔内写真をお撮りします(無料)
  • STEP3:治療方針・装置を説明いたします
  • STEP4:治療費・お支払方法を説明いたします

患者さんによって条件は本当に多様です。今の歯並びのどこを気にされているのか、矯正治療に対してどういったことを期待し、また不安に思っているのか。治療期間や費用はどのくらいだろうか、矯正装置はどんなものが選べるのか。これらの疑問に、類似した治療例や、矯正装置の見本をお見せして答えていきます。

カウンセリングでは、問題を正確に把握するために、レントゲンおよび口腔内写真撮影を行い、説明させていただく場合があります(ドクターがより良いカウンセリングのために必要と判断して撮影した場合は無料)。

治療期間中も丁寧なカウンセリング

矯正カウンセリング

治療期間中でも、しっかりお時間を取りパソコンや資料で治療経過を報告いたします。決して何人も患者様を診療台に並べて、治療をするということは致しませんのでご安心してください。

矯正治療はスムーズにいくときも、なかなか進まない時もございます。それは、歯の長さや、骨のかたさなど様々な要因がございます。そのような場合、患者様は不安になられると思います。しかし、担当医がしっかり説明することによって少しでも不安がなくなるように努めております。

矯正治療よくあるご質問Q&A

治療中、ワイヤーの締め付けで痛いと聞きますが、どのくらい痛いのでしょうか?

理想的な歯列から外れている歯は相対的に強い力がかかるため、痛み(違和感)を感じることがあります。しかし、これは個人差があり全く痛くないと言う患者さんもいます。この痛み(違和感)は、装置を付けた直後やワイヤーを調整した直後から数日間に表れ、この間は硬い食べ物を噛むことは難 しいかもしれません。しかし、治療が進むにつれて痛みの程度や期間は減少し、ほとんど気にならなくなるのでご安心ください。

50代でも矯正歯科治療が受けられると聞きましたが、本当でしょうか?

本当です。ただし、大人は代謝が下がっているので通常より弱い力でゆっくり歯を動かしていきます。また、中学生や高校生に比べて、歯や歯周組織に問題があることが多いため、より一般歯科(歯周病治療や虫歯治療)との連携が必要になります。

大人と子供の矯正治療に違いは?

顎の成長がまだ発育段階にある子供の場合、1期治療として上下の顎の成長をコントロールし、2期治療として歯並びを整えます。もちろん1期治療で満足のいく状態が得られれば2期治療は行う必要はありません。大人の場合は、成長が止まっているので現在の顎の状態で理想的な歯並びを整えてきます。

治療中に結婚式などがある場合、はずすことは可能でしょうか?

一生の大イベントですから、結婚式に限らず、特別な理由がある場合はもちろんはずすことは可能です。はずしている間は後戻りを防ぐ取り外し式の装置(リテーナー)を使用してもらいます。ただ、矯正装置をはずしている間は治療は進みませんし、若干の後戻りも起こります。また、リテーナーと再度装着する装置の別途料金が必要になります。

スポーツ中に注意することはありますか?

矯正装置をつけている間は、ボディーコンタクトのあるスポーツは避けた方が安全です。どうしても行う場合はマウスピースを使用してもらいます。

楽器を吹いていますが演奏に影響はありますか?

くちびるを使う管楽器の演奏は、装置をつけてからすぐの頃は思うような音が出しにくい場合もあるようですが、時間が経過すれば出せるようになっていきます。ただし、サックスやクラリネットのような縦笛系統の楽器の場合は、指しゃぶりと同じような力を歯に与えるため、治療中の歯の動きを妨げることがあります。

発音や滑舌に影響は出ますか?

歯の表側につける矯正装置の場合は、発音にあまり影響しません。歯の裏側につける装置の場合は、サ行、タ行、ナ行が話しづらいですが、1~2ヶ月で慣れていきます。

食事中、気を付ける点はありますか?

装置をつけた当初は、軟らかめのものを中心に食べてください。装置に慣れてくればほとんどのメニューはOKです。あえて避けた方が無難なものをあげると、ガム、キャラメル、お煎餅、固いフランスパン、氷などですが、これらも患者さんによっては問題ないという方もいらっしゃるので、個人差があります。

いずれにしても人の適応能力は想像以上に高いものです。矯正装置が入っている日常生活にすぐに慣れていきます。

ご予約・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

03-3962-0012

【診療時】10:00-13:00 / 14:20-18:40
※診療時間20分前最終受付
土曜午後は14:20-18:00
日曜は10:00-14:00
【休診日】木曜、日曜(不定期)、祝日

JR埼京線 板橋駅西口より徒歩0分
地下鉄三田線 新板橋駅より徒歩5分
東武東上線 下板橋駅より徒歩6分

〒173-0004 東京都板橋区板橋1-14-6

診療時間

岩永歯科医院

診療カレンダー

:休診 :矯正診療 :日曜診療