• くいしばり 咬筋部へのボツリヌス注射

    こんにちは、院長の岩永です。今回は、咬筋部へのボツリヌス注射に関して簡単に話したいと思います。

    ボツリヌス注射で、よく耳にするのが、美容目的で顔のエラを小さくすることにより、小顔を効果を期待することだと思います。歯科では、ボツリヌス注射を使用する目的は主に歯ぎしりやくいしばりによる、歯や歯周組織、顎関節を保護することです。エラが張っているからという美容目的では許可されておりません。結果的には小顔になりますが。

    ボツリヌス注射で有名なのはボトックスですが、これは商品名でアメリカのアラガン社が製造しており、実際にはボツリヌストキシンを用いた注射は、代表的なもので4種類あります。当院では歯科で認められている「ニューロノックス」を用いており、安全性と効果が科学的にも示されております。

    (株)テルナジャパンより引用

     

    効果は、始めは3~4カ月ですが、定期的に打っていくと効果が少しづづ延びていくこともあります。効いているかどうかを判断する指標として、食事するときに咬筋部が疲れるかどうかをみます。また、外見上、咬筋肥大がある方は、縮小しているかどうかも指標となります。勘違いされている方も多いと思いますが、決して歯ぎしりやくいしばりがなくなるということではありません。ボツリヌストキシンの効果で期待することは、筋肉を弱らせ過度の力を無くすことにあります。

    噛みしめにより、歯が喪失してしまうことは頻繁にあり、ブリッジやインプラントをしても、噛む力をコントロールしなければ数年後にダメになってしまいますので、睡眠時のマウスピースや咬筋部へのボツリヌス注射が必要不可欠になります。

     

     

     

     

     

  • たかがイビキだとおもわないで~睡眠時無呼吸症候群

    こんにちは、院長の岩永です。今回は、睡眠時無呼吸症候群に関して簡単に話したいと思います。

    睡眠時無呼吸症候群とは,何らかの原因で睡眠中に無呼吸の状態が数秒から数分続くことによって、日中の眠気や頭痛、血圧が上昇し心臓・血管に負担がかかる病気です。就寝中に、イビキなどでご家族やパートナーから指摘され発覚することが多いです。

    眠気がとれないと集中力が続かず、仕事のパフォーマンスの低下、運転中の事故の可能性など生活に支障がでます。また、血圧上昇などの循環器系の病気の発症のトリガーにもなります。

    歯科では、口腔内装置(OA)を用いて治療をおこないますが、保険範囲内で行うためには医科からの紹介、検査データが必要となりますので、必ず医科を先に受診していただくことが必須となります。また、口腔内装置を作製前に虫歯、歯周病の治療が必要となります。

    OAを日常的に使用できるようになるには、慣れが必要です。最初は1日おきなど無理をしないで、徐々に慣れていくことが大切です。

    OA(口腔内装置)

    睡眠時無呼吸症候群 紹介ページ

    https://www.iwanaga-dental.jp/dental/osas/

     

     

  • 歯ぎしり、食いしばりについて

    歯科衛生士の猪又です。

    今回は自分では意外と気が付きにくい、

    歯ぎしり、食いしばりについてお話ししたいと思います。

    朝起きるとあごが痛い、肩こりしている、エラの張りが気になる…

    当てはまることはありますか?

    これらの原因として、

    眠っている間に歯の食いしばり、歯ぎしりを行っている可能性があります!

    歯ぎしり・食いしばりの際に歯にかかる負荷は、自分の体重の2倍〜5とされています。

     

    起きてくる問題

    IMG_2767.jpeg

    これらを防ぐために効果的なのが、

    「ナイトガード」の着用です。

    IMG_2769.jpeg

    ナイトガードはいわゆるマウスピースのことで、保険内での作成が可能です。

    ナイトガードは眠るときにつけるため、使い始めは違和感があり、眠りづらいという方もいらっしゃいますが、使っているうちに違和感がなくなったとおっしゃる方が大半です。

    圧倒的にデメリットよりもメリットの方がはるかに大きいです!

    歯ぎしり・食いしばりの自覚はなくても、大切な歯を守るため、顎関節症を防ぐためにも

    是非、ナイトガード使用についてご相談ください。

    歯ぎしりの関連記事

    顎関節症を引き起こす歯ぎしり

  • マウスピースのお手入れ方法

    こんにちは。歯科助手の三浦です。

    今年も院内にハロウィンの飾り付けをしました🎃✨

    ハロウィンの時季になると、今年も残りわずかだなぁと感じますね。

    今年はコロナウイルスが猛威をふるい、自粛生活を強いられたためにストレスが溜まってしまった…という方も多いのではないでしょうか。

    ストレスによる歯ぎしり対策でナイトガード(マウスピース)を使っている人もいますよね。

    今回は〈マウスピースのお手入れ方法〉をご紹介します。

     

    ⚫水道水で洗う
    一番手軽で簡単なお手入れ方法です。
    指でやさしくこすりながら水道水で洗います。
    「やわらかめの歯ブラシ」で磨いてもいいですが、「研磨剤入りの歯磨き粉」 は使用しないでください。
    マウスピースに傷がついてしまいます。
    目に見えないような細かい傷でも、そこから雑菌が入り、汚れの温床になってしまうこともあります。
    歯磨き粉を使う場合は、研磨剤の入っていないものを選びましょう。
    食器を洗う中性洗剤でも代用できます。

     

    ⚫専用の洗浄剤を使用する
    歯科医院やドラッグストアなどで売っているマウスピース用の洗浄剤を使って洗浄する方法もあります。
    目に見えない汚れやニオイをすっきりと落とせ、除菌もできるおすすめの洗浄方法です。
    普段は水洗いで、週に1回程度(または汚れやニオイが気になったら)洗浄剤を使用してもいいですね。

    ★「つけ置きタイプ」の洗浄剤は、
    水かぬるま湯に洗浄剤を溶かし、そこにマウスピースを入れるだけで洗浄できるので便利です。
    つけ置き時間は商品によって違いますが、5〜30分程度が多いようです。
    長く浸けすぎるとマウスピースが劣化してしまうので、使用時間は必ず守りましょう。
    洗浄後は水でよくすすぎ、乾かします。

     

    ◎その他の留意点
    マウスピースは熱に弱いです!熱湯消毒はNG。変形してしまうことがあります。夏場は直射日光を避けて保管します。

    専用ケースに入れて保管すれば、変形・破損・紛失のリスクを減らせます。
    ティッシュに包んでおいたら家族が捨ててしまった… 犬にかじられて破損してしまった… などという悲しい事故も防げます。


    マウスピースは毎日お口の中に入れるものなので、正しいお手入れ方法を守り、清潔に保っていきましょう。

     

  • 詰め物(インレー)が取れやすい方

    こんにちは、院長の岩永です。詰め物(インレー)を着けてから数年経つと、中のセメントが溶けて外れることがあります。溶けても、数日あるいは長ければ数カ月間、歯にはまっています。この時、溶けたセメントの分、空間ができるので細菌が繁殖して虫歯が進行してしまう場合もあります。外れて来院される方のほとんどはこのようなケースです。(ガッチリ装着されている場合はセメントが溶けても外れないので虫歯が進行し痛くなってはじめて気づくこともあります。)しかし、短期間で取れてしまう場合は他に原因があります。技術的なことを除けば一番は、歯ぎしり、くいしばりの習慣がある場合です。特に歯ぎしりがある方は詰め物と歯質を知らぬ間にすり減らしていますので、徐々に隙間ができ、そこから水分がはいるとセメントが溶けて外れてしまいます。

    予防するには、就寝中にマウスピースを装着すること、ガムを長時間噛まないこと、定期健診で隙間がないかをチェックしてもらうことなどが挙げられます。

  • 知覚過敏について

    衛生士のいのまたです。

    突然ですが、、、、

    知覚過敏が現れたと思ったら、

    いつの間にか治ってるという経験は

    ありますか?!

    唾液の中にはミネラルが含まれていて

    歯をきちんと磨いていれば歯の表面から

    ミネラルを吸収するため

    再石灰化が進み、しみにくくなるという

    自然治癒力があります!

    しかし、歯の表面に歯垢が付着した状態になっていると

    唾液中のミネラルがエナメル質に付着したくても

    歯垢にブロックされてしまい、

    付着することができません。

    さらには歯垢の中にいる細菌が酸を放出するため

    エナメル質が溶け出て、

    知覚過敏が進行する恐れがあります。

    再石灰化を妨げると同時に

    知覚過敏を進行させてしまうのです。

     

    歯ブラシを頑張って自然治癒力で

    治ることがベストなのですが、、

    清掃状態が良く、キレイな状態なのに

    知覚過敏がなかなか治らない場合も

    中にはあります。

    それは、

    歯ぎしりやくいしばりが原因の可能性が

    高いです!

    当院では、

    夜寝るときにつけて頂くナイトガードや

    しみ止めの塗布、知覚過敏用の歯磨き粉 など、

    その方にあった治療を提案させて頂きます。

    歯ぎしりやくいしばりは

    なかなか治すことが難しいため、

    その後も定期的なチェックに来院していただき

    持続的に診ていく必要があります。

    ぜひ、ご相談ください!

    IMG_4041.jpeg

  • 顎関節症を引き起こす歯ぎしり

    歯科助手の三浦です。

    岩永歯科医院では、「歯ぎしり予防」「顎関節への負担緩和」などの目的で、患者様にマウスピースの着用をご提案することがあります。

    マウスピースを使うと、歯や顎の負担を軽減できるため 顎関節症の症状を和らげたり、進行を抑える効果が期待できるからです。

     

    顎関節症を引き起こす原因の1つに
    「歯ぎしり」があります。

     

    この歯ぎしりが習慣化すると、
    「歯の擦り減り」「欠損」「ぐらつき」など、歯と歯周組織に大きなダメージを与えます。

    さらに噛み合わせが悪くなると、顎関節症の発症リスクが高まります。

     

    そうはいっても、、、 睡眠中の歯ぎしりを自分でコントロールすることはできませんよね(>_<)

     

    そんな状態を助けてくれるのがコチラ☆

    そう『マウスピース』です!

     

    自分に合ったマウスピースを使えば、歯そのものを守るだけでなく、顎関節や顎周辺の筋肉にかかる負担を軽減できるため、顎関節症予防に有効です。

    マウスピースを着用したことで「顎の痛みが改善された」「よく眠れるようになった」という例も数多くあります。

     

    保険適用でオーダーメイドのマウスピースをお作りできます。

     

    また、当医院には写真のようなマウスピース成型器があります。技工所に出さずに院内で製作することで、型取りからお渡しまでの製作期間を通常より短くでき、お待たせしません。

     

    歯ぎしりや食いしばり、顎の痛みにお悩みの方は ぜひご相談ください。

     

ご予約・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

03-3962-0012

【診療時間】10:00-13:00 / 14:20-18:40
※診療時間10分前最終受付
土曜午後は14:20-18:00
日曜は10:00-14:00
【休診日】木曜、日曜(不定期)、祝日

JR埼京線 板橋駅西口より徒歩0分
地下鉄三田線 新板橋駅より徒歩5分
東武東上線 下板橋駅より徒歩6分

〒173-0004 東京都板橋区板橋1-14-6

診療時間

岩永歯科医院

診療カレンダー

:休診 :矯正診療 :日曜診療