• 歯科治療が怖い方へ<笑気麻酔>

    皆様こんにちは。

    皆様は笑気吸入鎮静法ということばを耳にしたことはありますか?

    今回は歯科治療における笑気吸入鎮静法についてお話したいと思います。

     

    歯科治療を行う上で、患者さんの不安や緊張などの精神的ストレスを軽くすることは大切です。

    当医院を受診される方々に、より安全な医療を提供する方法の一つとして、笑気吸入鎮静法をご紹介します。(保険適応、除外あり)

     

    まず、笑気吸入鎮静法がどんなもので、どんな装置で行うのか、お話します。

    30%の笑気と70%以上の酸素と共に吸入させます。安全性は高く、鼻マスクを装着して、鼻呼吸で吸入し、数分間で効果が出ます。効果が出たら、必要に応じ局所麻酔等を使い、歯科治療を行います。治療が終わったら5分ほど100%酸素を吸入させて、装置を外して終了です。

    では、笑気吸入鎮静法にはどんなメリットがあるのでしょうか。以下に箇条書きにします。

    ①治療中のリラックス効果と鎮痛効果を得られる

    ②不安感や緊張感を軽減し、治療が安全に行える

    ③早く効き、早く覚める(静脈内鎮静法、全身麻酔と比べて)

    ④肝臓の負担がない

    ⑤肺や心臓にほとんど影響がない

     

    適用例は、

    ①インプラントや親知らずの抜歯など、外科手術をするとき

    ②歯科治療が怖い方(鼻呼吸ができる幼児も含む)

    ③血圧に異常がある場合

    などです。

    私の体験談をお話しすると、次第に意識が遠のき、ぼーっとしているうちに、気づいた時には治療が終わっていた、という感じでした。ご参考まで。

    ただし鎮痛効果はないので、痛い場合は局所麻酔を使います。意識がなくなることはありませんので、治療が終わったら5分ほどでお帰りになれます。

    ご興味がある方は、お申し出ください。(当日ですとできないことがございます)

     

     

     

  • 最新のユニット(診療台)を増設しました!

    歯科衛生士のいのまたです。

    2021年も皆様のお口の健康をサポート出来るよう、努めてまいります!よろしくお願いいたします。

     

    岩永歯科医院の変化についてご報告致します。

    お気づきの方も多いと思いますが、診療用ユニットを1台増設しました!

    IMG_5692.jpeg

    歯科医療に欠かせない安心と安全に、給排水の管理はもちろん、ユニット内を巡る水路に至るまで、より衛生面に配慮した洗浄へのこだわりをもった診療台

    GC イオム アクア」を新たに取り入れました。

    IMG_5700.jpeg

    過酸化水素に銀イオンを配合した専用の洗浄液によるユニット給水管路洗浄システムにより衛生的に保持しています。

    IMG_5954.jpeg

    可動式スピットンを採用し、体をひねることなく、ラクな姿勢でうがいすることができます。

    現段階では一台のみの導入ですが、

    今後他のユニットも交換を検討しております。

    患者様に安心して治療を受けていただけますように、器具の消毒・滅菌を徹底しております。安心してご来院、治療、メンテナンスをお受けください。

     

  • ダイアグノデントペン

    歯科衛生士のイノマタです。

    今回は新しく取り入れました、

    レーザー式虫歯検出装置「ダイアグノデントペン」

    についてお話しします!


    現在歯科医院での虫歯診断方法は主に

    ①視診

    ②触診

    ③レントゲン診断

    で行いますが、

    より正確に行うために当院ではダイアグノデントペンという歯科装置を導入いたしました!

    ダイアグノデントペンは、

    歯面にレーザー光を照射することで起こる

    蛍光反射を測定し、隠れた虫歯を検出します!


    あくまでも診断の補助ですが、

    虫歯の進行状況を数値で表してくれます。

    その数値によって治療計画を立てていきます!

    ズバリ、その特徴とは!!!!

    ①歯を傷つけない

    触診時に起こりがちな歯質へのダメージを与える心配がありません。

    ②痛くない

    光を当てるだけですので痛みは全くありません。

    ③最小限の治療

    むし歯の部分を正確に把握すると削る量も少なくなります。

    ④分かりやすい

    歯の中がむし歯になっているかどうかを音と数値で知らせてくれます。

    ⑤妊婦さんにも安心

    むし歯の進行度がレントゲン写真を撮らずに診断できます。

    初期のむし歯であれば削らずに、

    フッ素を塗ったり、家でのブラッシングで

    悪化を防ぐことが出来ます。

     

    このダイアグノデントペンを使用して

    むし歯を早期発見し、早期予防、早期治療をしていきましょう!

     

  • 唾液検査で「歯とお口の健康」を調べてみませんか?

    歯科助手の三浦です、こんにちは。

    だんだんと気温が低くなってきて
    早くもインフルエンザが流行り始めているとのニュースも耳にしました。

    健康に気をつけていきたいですね。

    からだの調子が人によって違うように

    歯とお口のコンディションも 人それぞれです。

    当医院では、お口の「今」の状態を測定できる

    唾液検査SMT を導入しています。

    簡単な方法で「歯とお口の健康」に関する多くのことがわかる、

    優れた検査です。


    〈メリットその1〉
    見た目だけではわからないことが測定できます!

    歯や歯ぐきにすでに生じてしまった変化は、目で見て確認することが可能です。

    しかし、お口の健康状態は見た目だけではわかりません。

    皆さんのお口が現在どのような「状態」にあるのか、

    それを測定できるのが唾液検査です。

     

    〈メリットその2〉
    唾液の成分をしらべることで、

    ・歯の健康
    ・歯ぐきの健康
    ・お口の清潔さ

    の傾向がわかります。

    これらの情報を総合することで、
    お口の健康状態をしることができます。

     

    〈メリットその3〉
    一人一人に最適なセルフケアをご提案できます!

    診察結果とともに、唾液検査の結果を活用することで、一人一人に適したセルフケアの提案ができます。

    毎日のケアをより効果的なものにしていきましょう。

     

    ☆少量の水で口をゆすぐだけの簡単な検査です。

    ☆お口の健康状態がひと目でわかる結果シートをお渡しします。

     

    これを読んで、唾液検査をやってみたい!と思われた方は

    当院スタッフへお声がけください。

     

  • 歯科治療のデジタル化

    こんにちは、院長の岩永です。

    世の中の風潮に伴い、歯科界もデジタル化が急速に拡大しています。現像液を用いアナログのレントゲンを使用していたのは、つい最近だったような感じがしますが、型採り(印象)もついにスキャニングができるようになりました。まだインプラント・ジルコニア(セラミック)・マウスピース矯正の印象のみですが、精密印象(シリコーン印象)で口腔内から外れにくかったりして痛い思いをしなくてすみますし、お口周りも汚れず、時間の短縮にも繋がります。価格も従来よりも低料金で治療できますので、ご興味のある方はぜひご相談ください。

     

  • AEDを設置しました

    岩永歯科医院の歯科衛生士 はらだです。

    当医院にもAEDを設置いたしました。

     

    自動体外式除細動器( Automated External Defibrillator, AED)とは、

    心停止(必ずしも心静止ではない)の際に機器が自動的に心電図の解析を行い、心室細動を検出した際は除細動を行う医療機器のことをいいます。

    除細動器の一つですが、動作が自動化されているので、施術者が一般市民でも使用できるよう設計されています。

    当医院は、帝京大学医学部附属病院、並びに日本大学医学部附属板橋病院と医療連携しております。

    有病者や高齢者が歯科の治療中、万が一何かあった際、すぐに対応できるよう設備、体制を整えています。

    来院される皆様が、いつでも安心して治療を受けられるよう今後も取り組んで参りたいと思います。

     

  • 最新設備を導入しました

    院長の岩永です。

    この度、口腔外科の手術で用いる最新設備を導入いたしました。バリオサージ3です。

     

    インプラント時の骨移植・骨幅増大・上顎洞底の挙上をするときに使います。軟組織を傷めず、超音波で効率よく切削することができるので、従来のモーターで削るよりも、体への負担を極力低減することができます。

    歯科の機器も年々進化しているので、時代に乗り遅れないように皆様に提供できたらと思います。

  • パートナーは大丈夫?歯周病菌は感染します♠

    こんにちは、院長の岩永です。

    検診のため来院される方で、「虫歯はありませんが、歯周病があります」とお伝えしても、「よかった虫歯がなくて」と安堵される方が結構多いです。「いやいや歯周病を放置すると将来もっと困りますよ」とお伝えしても、やはり先のことなのでよっぽど考えている方でないとその場しのぎになってしまいます。

    さてどうしようか?考えた結果….よしこれだ!!

    位相差顕微鏡 - PerioCam-J                                                                                 タカラテレシステム(株)から引用

    位相差顕微鏡を購入いたしました。

    歯周病の患者の歯垢を採取し、顕微鏡を覗くと様々な細菌が見えます。口腔内には300種類以上の細菌が住んでいますが、その中の20種類は歯周病に関係のある菌です。中でもスピロヘータというかなり悪い菌が存在します。

    スピロヘータ感染で発症する病気には、梅毒、回帰熱、歯周病などがあります。顕微鏡で見ると細長く、回転運動やくねらせる動きをしています。(かなり気持ち悪いです)感染経路としては、不衛生な環境から感染することが多いです。パートナーの方が重度の歯周病だと、スピロヘータを相手にも感染させてしまう可能性があります。よく磨かけている方でも、なかなか症状が治まらない場合

    もしかしたら、感染経路がどこかにあるのかもしれないことを疑ってください。

    治療法としては、ブラッシング、含嗽剤ですが改善が見られない場合(スピロヘータが多い)は抗生物質や抗真菌剤が必要になってきます。先のことを考えて、お早めに治療をすることをお勧めいたします。

ご予約・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

03-3962-0012

【診療時間】10:00-13:00 / 14:20-18:40
※診療時間10分前最終受付
土曜午後は14:20-18:00
日曜は10:00-14:00
【休診日】木曜、日曜(不定期)、祝日

JR埼京線 板橋駅西口より徒歩0分
地下鉄三田線 新板橋駅より徒歩5分
東武東上線 下板橋駅より徒歩6分

〒173-0004 東京都板橋区板橋1-14-6

診療時間

岩永歯科医院

診療カレンダー

:休診 :矯正診療 :日曜診療