• 洗口液について

    歯科衛生士の長谷川です。
    最近、よく患者さんに洗口液は使った方がいいのか、またどんなものが良いかなど聞かれることが多くありましたのでお話ししたいと思います。

    虫歯や歯周病は細菌の集合体であるバイオフィルムによって引き起こされる病気です。バイオフィルムは菌体外マトリックスという一種のバリアで包まれているため、薬が浸透しにくく、洗口液の効果は低いと言われることがあります。

    確かに洗口液だけでバイオフィルムの奥底にいる細菌を死滅させることはできないため、やはり歯磨きで物理的にバイオフィルムを破壊することが必要になります。

    しかし、洗口液を使用するだけで、歯磨きをしなくて良いと記してある洗口液はありません。
    洗口液はあくまで歯磨きの効果を補う、補助的な役割のものとして考えるといいと思います。そして、歯磨きの効果を補うものとして洗口液は十分効果があるものだといえます。虫歯や歯周病を予防するために積極的に活用していくべきだと思います。

    洗口液には様々な種類があり、その効果もそれぞれ違いますが、配合されている抗菌剤の性質によって、大きく2つに分類することができます。イオン系抗菌薬を配合したものと非イオン系抗菌薬を配合したものがあります。

    イオン系抗菌薬は、歯の表面やバイオフィルムの表面に付着し持続的に抗菌効果を発揮するというメリットがあります。しかしバイオフィルムの中には浸透しにくいというデメリットがあります。
    イオン系の洗口剤にはガムデンタルリンスやモンダミンなどがあります。当院で取り扱いのあるネオステリングリーンもそうです。

    非イオン系抗菌薬は逆に、バイオフィルムに浸透しやすいメリットがありますが、効果が持続しにくいというデメリットがあります。
    非イオン系の抗菌薬にはポピドンヨードやリステリンなどがあります。

    一長一短でどちらがいいとはなかなか言えないのですが、いずれにしても洗口液は虫歯や歯周病を予防するための有効なツールと言えることは間違いないと思います✨

    こちらを参考に歯磨きの効果を補うものとしてプラスしてみてはいかがでしょうか。

ご予約・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

03-3962-0012

【診療時間】10:00-13:00 / 14:20-18:40
※診療時間10分前最終受付
土曜午後は14:20-18:00
日曜は10:00-14:00
【休診日】木曜、日曜(不定期)、祝日

JR埼京線 板橋駅西口より徒歩0分
地下鉄三田線 新板橋駅より徒歩5分
東武東上線 下板橋駅より徒歩6分

〒173-0004 東京都板橋区板橋1-14-6

診療時間

岩永歯科医院

診療カレンダー

:休診 :矯正診療 :日曜診療