• 歯磨きを習慣化させるには

    歯科衛生士のはらだです。

    今回は、習慣化についてお話します。

    定期検診の際に、患者さんからお聞きすることが多いのは、

    ・歯ブラシをせずに寝てしまいました

    ・歯間ブラシ又は、糸ようじは中々できませんでした

    と、何かをはじめることが出来なかったと相談されることです。

    とてもよく分かります、私も糸ようじを毎日しようと思っても中々続きません。

    そこで「小さな習慣」

    という本を読んでみました。

    まず何かを始め、習慣にするということは、とても労力のいることであり、先の事を考え(疲れているのに歯磨きをしなくてはいけないのか、眠いのに糸ようじまでするなんて大変だなど)、その1歩が踏み出せなくなるそうです。

    そして、モチベーションを上げたところで、最初だけ!で中々続かないそうです。

    私も経験があります。

    スタイルを良くしたいから、ランニングを毎日しよう!とモチベーションをあげ、何日かは続き、いつの間にかブームは終わってしまう、をよく繰り返します。

    原因は、モチベーションのみに頼っていたため、続くことが出来ませんでした。

    では、何に頼ったら習慣化させることができるかというと

    小さな小さな目標を立てる、そして、それを淡々とこなす、がポイントだそうです。

    私は、そのポイントをランニングに置き換えて、

    「ランニングウェアをきて外に出る」

    という小さく簡単な目標に変えてみました。

    今までは、走るのはやだな、20分は時間がかかるし家事もしないといけないし、と憂鬱な気分でした。

    しかし、小さな目標にすることで、とりあえず服を着替えて、外に出るだけだ!と気楽な気持ちで外に出ることが出来ました。

    そこの1歩さえ出てしまえば、あとは気ままに何キロでも走れますし、気分も乗ってきて20分以上走る日もあります。

    大事なことは、その1歩を出せるかどうかにかかっています。

    ついでに、何年か前から続けていた「年に1度はマラソン大会にエントリーする」という目標も思い出し、久しぶりにエントリーしました。ここ2年エントリーしてなかったので、また続けていこう!とプラスの作用も産まれました。

    話を戻して、歯ブラシや糸ようじ、歯間ブラシも同じように考えてみてください。

    例えば、

    ・糸ようじで、この隙間1箇所だけ通そう

    ・歯間ブラシで、前歯の真ん中だけ通そう

    ・寝る前にベットに行きそうな時は、歯ブラシだけ咥えておしまい

    ・歯ブラシに歯磨き粉をつけるだけ

    など、最初の1歩を踏み出せそうな小さな目標を立ててみてください。

    それが続くと、脳の抵抗もなくなり、やがて何も考えずにできる=習慣化となるそうです。

    (何かを習慣化しようとすると、脳が楽な方へ戻ろうと抵抗するそうです。それはモチベーションだけでは続けられるはずがないですね。)

    みなさま、歯ブラシ以外でも何かの習慣化をしたい時に、小さな小さな小さな目標をまず立ててみる、を参考にしてみて下さい。

     

ご予約・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

03-3962-0012

【診療時間】10:00-13:00 / 14:20-18:40
※診療時間20分前最終受付
土曜午後は14:20-18:00
日曜は10:00-14:00
【休診日】木曜、日曜(不定期)、祝日

JR埼京線 板橋駅西口より徒歩0分
地下鉄三田線 新板橋駅より徒歩5分
東武東上線 下板橋駅より徒歩6分

〒173-0004 東京都板橋区板橋1-14-6

診療時間

岩永歯科医院

診療カレンダー

:休診 :矯正診療 :日曜診療