• 新発売!型取り不要のホームホワイトニング

    こんにちは 歯科助手の三浦です。

    先月発売の『オパールエッセンスGo』
    当医院でも販売開始いたしました!

    ■オパールエッセンスGoとは…
    既成のトレーにホワイトニングジェルが入っており、口腔内の体温によって歯列に合わせ形が変形する、新しいタイプのホームホワイトニングです。

    メリット1 すぐに始められる
    従来のホームホワイトニングは
    トレーの型取りをし、後日受け取りに来なければなりませんでしたが、
    『オパールエッセンスGo』は当日お持ち帰りいただき、すぐにホワイトニングを開始できます。

     

    メリット2 歯の形が変わっても使える
    虫歯治療をして歯の形が変わってしまうと、トレーが合わなくなり作り直さなければならないことがあります。『オパールエッセンスGo』は毎回お口に合わせて使用するので、治療後もそのまま使えます。

     

    メリット3 濃度が濃い
    従来のホームホワイトニングは過酸化尿素10%
    『オパールエッセンスGo』は過酸化水素6%(過酸化尿素17%相当)

    濃度が濃いので1回の時間も短くて済みます(装着目安時間90分。従来のものは120分。)

     

    メリット4 管理がラク
    トレーに毎回ジェルを注入する必要もなく、使い捨てなので使用後のお手入れも不要で、とてもラクです。

     

    いかがでしたか。こんなにたくさんメリットがある新しいホームホワイトニング

    院長が実際に使ってみたところ、歯が白くなるだけでなく、使用後「歯のツルツル感」が継続するとのことです。

     

    現在、新発売キャンペーンとして
    販売価格22000円(税込)のところ、令和4年1月末まで19800円(税込)で販売しております。(上下10回分のトレーが入っています。)

    この機会にぜひお試しください!^ ^

     

     

  • 仮歯のまま放置しておくとどうなる?

    歯科助手の三浦です。

    今回は、仮歯のまま治療を中断するとどんなトラブルが起こるのか、お話ししたいと思います。

    大体の患者さんは治療が完了するまでしっかり通院してくださるのですが、

    「仮歯と言われたけど、形も色も問題ないし、安上がりだからこのままでいいや」と、

    来院されなくなってしまう方がときどきいらっしゃいます。

     

    仮歯は「とりあえずの歯」です。
    そのまま放置してしまうと、治療開始前よりトラブルが大きくなってしまうこともあります。

    起こりうるトラブルをいくつかご紹介します。

     

    トラブル1 いつ外れるかわからない
    仮歯はその後の治療で外すことを考慮して、通常よりも弱い接着剤でとめています。
    そのため食事中などに突然取れたり、割れたりすることがあります。

     

    トラブル2 むし歯になる
    仮歯は外すことが前提のため、何ヶ月も経過すると徐々に接着剤が溶けてしまい、その隙間からばい菌が入り、むし歯ができる原因となります。

     

    トラブル3 色が変色してくる
    仮歯の材料に使われているレジン(樹脂)はやわらかく、水分などと一緒に汚れも吸収してしまいます。
    はじめは綺麗に見える仮歯でも長期間使っていると、変色して見た目が悪くなってしまいます。

     

    トラブル4 すり減るのが早い
    仮歯に用いられる材料は、最終的に取り付ける補綴物よりやわらかい材料でできているため、特に奥歯はすり減ってしまいます。それによって噛み合わせが変化すると、作製した補綴物が合わなくなり、それまでの治療が無駄になってしまいます。

     

    トラブル5 口臭を引き起こす
    仮歯についた汚れや、接着剤が溶けてできた隙間に入りこんだ汚れから臭いが発生し、口臭の原因になります。

     

    治療が後戻りし、結果的によけいな費用と時間がかかってしまう、ということにならないためにも、
    治療が完了するまでしっかり通院しましょう!

    型を取ってから1ヶ月以上来院できない場合は、治療前にあらかじめ先生にご相談ください。

     

     

  • マイクロスコープ

    こんにちは、院長の岩永です。今回はマイクロスコープに関してお話ししたいと思います。

    当院では、外科手術、精密根管治療時にマイクロスコープを用いております。当院のマイクロスコープの特長として最高倍率80倍まで拡大可能であり、4K画像では細部まで鮮明に映し出すことが可能です。80倍まで出せる製品は中々ございません。

     

    外科手術時には、腫瘍、不良肉芽の取り残しがないか、歯根に破折がないかなどをみます。精密根管治療時には,根管口の確認、清掃状態を確認します。

    1.嚢胞摘出時 歯根破折確認

    2.根管口明示 (ラバーダム装着)

  • 磨き残しのチェックしてみませんか?

    歯科衛生士の長谷川です。

    みなさんは磨き残しのチェックをしたことはありますか?

    歯科医院や学校、ご自宅などで歯に染め出し液をつけて赤く染まったところを磨いたことがあるのではないでしょうか。お口の中をきれいに磨いたつもりでも染め出し液で染めてみると磨き残したプラーク(歯垢)がかなり染まってしまった!そんな経験のある方も多くいると思います。

    『染め出し』はご自分の苦手なところを目でみてはっきりとわかるようにしてくれます。

    多くの方が使ったことがあるのは単色の赤く染まる『染め出し』が多かったと思いますが、今回ご紹介する染め出しは3色に染まります!

    この染め出しで染め出されるプラークは下記の3つがあります。

     

    ①新しいプラークはピンク色に染まります。新しく作られたプラークで、朝や昼の歯磨きで磨き残してしまった部分です。

    ②古いプラークは青紫色に染まります。作られてから2日ほどたったプラークで、常に磨き残しやすい部分となります。

    ③酸を生産しているプラークは水色に染まります。虫歯菌が増殖し酸を作り始めており現在進行形で歯を溶かしている可能性が高いです。虫歯になってしまうリスクの高いプラークです。

    この染め出しは磨き残しを確認するだけでなく、色が違うことで虫歯リスクや歯磨きの苦手な部分もわかります。

    染め出しはご自身の歯の磨きにくい場所の確認やお子さまの歯磨き方法の改善、矯正中できちんと磨けているかのチェックするなど色々なことに使えます。

    自分の歯の汚れを意識して歯磨きすることはキレイな歯を手に入れられる近道となります。

    この新しい染め出しでチェックしてみたい方は是非お声掛け下さい!

     

  • 歯根嚢胞摘出と歯根端切除

    こんにちは院長の岩永です

    今回は、歯根端切除術に関してお話ししたいと思います

    歯の神経を除去した後、何らかの原因で根の先端部分に細菌がたまり膿んでしまうことがあります。痛みが出る場合もありますし、無痛性の場合もあります。基本は、再根管治療をおこないますが、嚢胞の大きさや、根の状態をみて外科的に手術をしなければならないことがあります。

    今回は歯根端切除術症例がございますので参考にしていただければと思います。

    ①嚢胞除去

    ②歯根を明示

    ③根尖部を切除

    嚢胞が3歯以上またがる場合は、局所麻酔のみでは厳しいときもありますので、大学病院を紹介いたします。嚢胞が大きく死腔も大きくなる場合はペンローズドレーンを挿入し、排膿路、洗浄路を確保します。骨が再生するまで約半年は経過を観ていきます。

     

     

  • ホワイトニング後の審美治療

    こんにちは、院長の岩永です。今回もホワイトニングに関してお話していきたいと思います。

    ホワイトニングで歯が白くなると、今まで詰めてたレジンや補綴物の色が合わなくなってきます。これは、修復物はホワイトニングで白くならないからです。ホワイトニング前に審美領域(前歯など)は、仮に治療し、ホワイトニングによって色が定まってきたらその色に合わせて本治療します。また、本治療後、ホームホワイトニングを使っている方は、型が合わなくなり入らなくなることもあります。本治療前に当院で作ったマウスピースが、本治療後合わなくなった場合は無料で再製作しておりますので、ご安心してください。

    ホワイトニング後ダイレクトボンド治療

    ダイレクトボンド前に、ホームホワイトニング施術。 希望のところまで白くなってきたら、色調に合わせてダイレクトボンドを施術。もし、施術後ホームホワイトニングのトレーが入らなくなった場合は再製作(無料)。

    治療内容 ホームホワイトニング+ダイレクトボンド
    治療期間 3回
    治療本数 上下5番~5番 上11番
    費用 ホームホワイトニング22000円(税込み)

    ダイレクトボンディング 15400円×2(税込み)

    主なリスク
    副作用
    • 歯がしみる感じがすることがある。
    • ホワイトスポット、ホワイトバンドが強調されることがある
    • 個人の歯の質の違いにより、効果に個人差がある

     

     

  • ホワイトニング効果の個人差

    こんにちは、院長の岩永です。今回は、ホワイトニングの症例をお見せしたいとおもいます。ネットにでてくる症例はほとんどが顕著に明るくなっているものが多いですが、実際は、特にオフィスホワイトニングは効果に個人差があります。すごく白くなるケース、白くなりにくいケースや、まだらに白くなるケース、ホワイトスポットが強調されるケースなど、当院のスタッフは経験豊富で、ある程度の起りうることは施術前にお話ししますが、実際施術してみてからわかることもあります。対策としては、作用の違いからホームホワイトニングも取り入れるとかなりきれいに仕上がってきますので、できればデュアルホワイトニングをおすすめしております。(下記、関連ブログ参照)

    当院のオフィスホワイトニングの特長

    ①痛みの緩和 知覚過敏抑制剤を混ぜているのでしみにくい。

    ②安全性 国家資格を持つ歯科衛生士が担当する。 歯科医師がいるので、緊急時でも対応できる。

    ③即効性 施術直前に薬剤を調合するので濃度が高い状態で塗布できる。何度も通う必要がない

    ④個室診療 周りを気にせずにゆったり緊張することなく施術可能

    ⑤審美相談  審美治療豊富な歯科医師がいるのでホワイトニング後の補綴物の相談ができる

     

    下記症例はすべて1日で15分照射2回で、オフィスホワイトニング施術直前と施術直後の写真です(当院では、ほとんどの場合このあとにホームホワイトニングを自宅でおこなっていただいておりますので、もう少し色がきれいに明るく仕上がります)加工など、修正はいっさいございません。

    *以下の画像は分かりやすいように、少し暗めのものをだしております

    1.標準的なケース A3(暗く見えますが平均的な日本人の明度)からA1まで変化 当院の薬剤を用いれば少なくともこのくらいは効果が出ます。写真はないですが、このあとにホームホワイトニングを用いることによって白さの維持と均一性が出てきます。

    2.結構白くなったケース A3からB1 2,3割の方がこのくらいまで白くなります。このあとにホームホワイトニングを用いることによって白さの維持と均一性がでてきます。

    3.ホワイトスポットが強調されるケース 左上2,3番の切端部  元々、ホワイトスポットがある方は強調される場合はがございますが、全体が明るくなることで反射して目立ちにくくなることもございます

     

    4.ホワイトバンドが出現したケース(事前に予測できていたので、ご了承されてから施術。ホームホワイトニングを併用することにより目立ちにくくなることを説明,実際はそこまで目立たない)

     

    治療内容 すべてオフィスホワイトニング
    治療期間 1回
    治療本数 上下5番~5番
    費用 22,000円(税込み)*2回目以降16500円(税込み)
    主なリスク
    副作用
    • 歯がしみる感じがすることがある。
    • ホワイトスポット、ホワイトバンドが強調されることがある
    • 個人の歯の質の違いにより、効果に個人差がある

    オフィスホワイトニング後の後戻りについて

  • マスクで起こるトラブル

    歯科衛生士のいのまたです。

    今回はマスクをする事で起こるお口の中のトラブルについてお話しさせて頂きます。

    コロナ禍により必需品となっているマスクですが、実はマスクの影響により口腔内トラブルが起きると言われています。

    それは口内炎です。

    実際に来院される患者様でも口内炎の相談をされる事が増えているように思います。

     口内炎はなぜできるのでしょうか。

    ①栄養バランスの乱れ 

    ビタミンB2が不足すると口内炎ができやすい状態になります。

    ②疲れ、睡眠不足

    口の中の粘膜は代謝を繰り返し、常に新しく変わっていきます。

    しかし睡眠不足や疲れが続くうちに代謝が滞りがちになり、

    粘膜の再生力が低下し、荒れやただれが起こります。

    ③口腔内の乾燥

    唾液が減って乾燥した口の中は口内炎が出来やすい状態になっています。

    マスクの影響により口内炎が増えている理由はここに当てはまります。

    マスクがあることにより無意識のうちに口が開いた状態となり、

    口呼吸になってしまうため口腔内が乾燥してしまいます。

     

    予防改善するにはどうしたら良いのか、

    ①生活習慣、栄養バランスの改善

    ②鼻呼吸を意識する

    ③口腔内を清潔に保つ

     口内炎といってもさまざまな原因や種類があります。

    通常は数日~10日程で治りますが、なかなか治らないなどご心配がございましたら、お気軽にご相談ください。

     

     

  • ホワイトニング モデルさんのように歯を白くするためには

    こんにちは、院長の岩永です。

    最近、おかげさまでホワイトニングのご相談が多くなってきているのですが、オフィスかホームどちらが良いか、患者さんから必ずと言っていいほど質問をいただきます。しかし、実はどちらかという問題ではなく、どのくらい白さを持続させたいか、白くなりたいかを踏まえて考えると、どちらか一方という選択が難しくなってきます。それぞれの長所と短所を挙げますと、

    オフィスホワイトニングの長所と短所

    長所 ・即効性がある・寝ているだけでご本人は何もしなくてよい

    短所 ・持続性がないので1,2カ月で戻ってしまうこともある・しみることがあり、しみが治まらないときは専用のトレーをつくりシミ止めを使用しなければならない・一年に3,4回は施術を受けないと白さをキープできない

    ホームホワイトニングの長所と短所

    長所 ・白さが長続きする・しみている場合は一時中止できる、また使用しているトレーにシミ止めを入れることができる・薬液がなくなったら購入できる

    短所 ・白くなるまでに時間がかかる・トレーを1日数時間使用しなければならず、面倒である

     

    この2種類の長所と短所を組み合わせて考えますと、私が考える一番の選択は

     

    オフィスホワイトニングをしてから週1度のホームホワイトニングが効果的にも費用的にもベスト

    だと考えます。即効性があり、また濃度の高いオフィスで歯がしみてしまった場合でもホームで使用するトレーにシミ止めを入れることができ、ホームは週1度であればそれ程面倒でもなく費用的にも抑えることができるからです。

    当院では両方おこなってもそれ程高い料金に設定しておりませんのでご安心ください。

    もし両方はちょっと、という方は、面倒でなければホームだけのほうが良いです。オフィスだけですと持続性がないのと、しみるのが強い場合はトレーを作らないといけない(トレー代と薬液代が別途かかります)可能性があります。

     

    モデルさんのように歯を白くしたい方、またそれを持続させたい方はある程度の努力が必要になってきます。私たち医療従事者が少しでも役に立てればと思っておりますので、ぜひご相談ください。

     

    ホワイトニング関連の記事

    岩永歯科医院スタッフのお口

    ホワイトニングの意外な効果

    ホワイトスポット

    ホワイトニングのページを更新いたしました

    ホワイトニング

     

     

  • くいしばり 咬筋部へのボツリヌス注射

    こんにちは、院長の岩永です。今回は、咬筋部へのボツリヌス注射に関して簡単に話したいと思います。

    ボツリヌス注射で、よく耳にするのが、美容目的で顔のエラを小さくすることにより、小顔を効果を期待することだと思います。歯科では、ボツリヌス注射を使用する目的は主に歯ぎしりやくいしばりによる、歯や歯周組織、顎関節を保護することです。エラが張っているからという美容目的では許可されておりません。結果的には小顔になりますが。

    ボツリヌス注射で有名なのはボトックスですが、これは商品名でアメリカのアラガン社が製造しており、実際にはボツリヌストキシンを用いた注射は、代表的なもので4種類あります。当院では歯科で認められている「ニューロノックス」を用いており、安全性と効果が科学的にも示されております。

    (株)テルナジャパンより引用

     

    効果は、始めは3~4カ月ですが、定期的に打っていくと効果が少しづづ延びていくこともあります。効いているかどうかを判断する指標として、食事するときに咬筋部が疲れるかどうかをみます。また、外見上、咬筋肥大がある方は、縮小しているかどうかも指標となります。勘違いされている方も多いと思いますが、決して歯ぎしりやくいしばりがなくなるということではありません。ボツリヌストキシンの効果で期待することは、筋肉を弱らせ過度の力を無くすことにあります。

    噛みしめにより、歯が喪失してしまうことは頻繁にあり、ブリッジやインプラントをしても、噛む力をコントロールしなければ数年後にダメになってしまいますので、睡眠時のマウスピースや咬筋部へのボツリヌス注射が必要不可欠になります。

     

     

     

     

     

  • たかがイビキだとおもわないで~睡眠時無呼吸症候群

    こんにちは、院長の岩永です。今回は、睡眠時無呼吸症候群に関して簡単に話したいと思います。

    睡眠時無呼吸症候群とは,何らかの原因で睡眠中に無呼吸の状態が数秒から数分続くことによって、日中の眠気や頭痛、血圧が上昇し心臓・血管に負担がかかる病気です。就寝中に、イビキなどでご家族やパートナーから指摘され発覚することが多いです。

    眠気がとれないと集中力が続かず、仕事のパフォーマンスの低下、運転中の事故の可能性など生活に支障がでます。また、血圧上昇などの循環器系の病気の発症のトリガーにもなります。

    歯科では、口腔内装置(OA)を用いて治療をおこないますが、保険範囲内で行うためには医科からの紹介、検査データが必要となりますので、必ず医科を先に受診していただくことが必須となります。また、口腔内装置を作製前に虫歯、歯周病の治療が必要となります。

    OAを日常的に使用できるようになるには、慣れが必要です。最初は1日おきなど無理をしないで、徐々に慣れていくことが大切です。

    OA(口腔内装置)

    睡眠時無呼吸症候群 紹介ページ

    https://www.iwanaga-dental.jp/dental/osas/

     

     

  • 抜歯など手術後の歯磨き

    こんにちは。歯科助手の三浦です。

    抜歯やインプラント、歯周外科など
    口腔内の外科手術をされた患者さんから

    「歯磨きは普通にしていいんですか?」

    と、質問をお受けすることがあります。

    そこで今回は〈手術後の歯磨きについて〉お話したいと思います。

     

    手術後の歯肉はとても敏感で出血しやすい状態です。

    やわらかい歯ブラシで優しく磨くようにしましょう。

     

    当医院でおすすめしているのが〈インプラントケアUS〉という歯ブラシです。

    商品名は“インプラントケア”となっていますが、インプラントだけに限らず、

    外科的な治療をした皆さんにおすすめです!

    ブラシの毛がやわらかく、長めの植毛で、術後のデリケートな歯肉、隣在歯のケアに適した歯ブラシです。

     

    歯磨き粉は〈システマSPTジェル〉をおすすめします。

    殺菌効果が高く、歯肉の炎症抑制作用もあり、
    ジェル状なので歯周ポケットに成分が留まりやすく歯肉も痛めません。

    重度の歯周病の方にもおすすめしている歯磨き粉です。

     

    ◎うがいについて

    抜歯後は口の中が血の味がしたり、気持ち悪くてうがいをしたくなるとおもいます。
    私も経験があるのでお気持ちはよくわかります。
    しかし強いうがいを何度もしてしまうと
    抜歯後の傷口のふたの役目をしている血の塊が流れてしまい、
    術後の治りが悪くなってしまうため、
    抜歯直後のうがいは、軽めにするようにしましょう。

    その際、殺菌効果の高いうがい薬を使うと、抜歯創の感染予防になります。

     


    手術後、わからないことや心配事がございましたら、遠慮なくおたずねくださいね。

     

  • なかなか治らない抜歯後のドライソケット

    こんにちは、院長の岩永です。今回はドライソケットに関してお話ししたいと思います。

    例えば、歯を抜いた後に通常なら抜歯窩に血餅ができ、骨の露出を防いでくれます。しかし、ドライソケットになりますと血餅ができず骨の表面が常時露出するため、お水や風など低刺激でも痛みを伴います。最初は、抜歯したことによる痛みで区別はできないのですが、あまり痛くなかったのに後から痛くなってきたときはドライソケットを疑います。

    血餅ができない原因として

    ①うがいのし過ぎで血が流れてしまった

    ②煙草を吸う

    ③他の疾患が原因、あるいはもともと血が止まりにくい体質

    ④抜歯したときにあまり出血しなかった

     

    ①から④の予防として

    ①’あまり血が出るからといってうがいをし過ぎない

    ②’抜歯後、1週間ほど禁煙する

    ③’循環器内科で検査する 今後、抜歯するときは、歯科医に報告する

    ④’再生療法(CGF)を考慮する

     

    ④’の再生療法について

    遠心分離機416G

    遠心分離機

    患者さまから採血をして、遠心分離機で血液成分を分離してCGFという治癒を促進する成分を抽出し、親知らず、インプラント、歯周外科治療時の骨再生などに用います。

    この遠心分離機416Gで作り出すCGF(再生ゲル)により、骨や歯ぐきの治癒を早める効果が期待できます。

    CGF

    この黄色いゲル単体で、歯ぐきや骨にあてがった後に縫合したり、骨補填材に混ぜたりして使います。患者さんご自身の血液から生成されるものなので、人工の材料よりも安全性が高く、骨が出来るのをより早めたり、傷口の治りをより早めたりする効果が期待できます。

    このCGFによる再生療法に関しては、歯科医師による診査・診断で使い分けを行っております。

     

  • オフィスホワイトニング後の後戻りについて

    歯科衛生士の長谷川です。

    今回はオフィスホワイトニングの後戻りについてお話します。

    後戻りとはホワイトニング後からある一定の期間おくとホワイトニングする前の色に戻ってしまうことです。残念ながらホワイトニングには後戻りがつきものです。とくにオフィスホワイトニングは短時間で白くするため色の戻りが早く、後戻りを感じやすいです。

    後戻りの原因は2種類あります。

    再着色による後戻り

    歯は飲食などによって、いつも着色しやすい環境にさらされています。ホワイトニング後も時間の経過とともに、元の色へと戻っていきます。着色しやすい食生活を改善したり、セルフケアを工夫することで、後戻りを遅らせることも可能です。

    再石灰化による後戻り

    エナメル質はミネラル分の消失(脱灰)と再形成(再石灰化)を繰り返していて、この再石灰化の作用によって、元のような表面に戻っていきます。

     

    下記の写真はオフィスホワイトニングのビフォーアフターの写真です。

    ホワイトニング前

    ホワイトニング後

    1回のオフィスホワイトニングでだいぶ歯の黄ばみが取れて白くなっているのがわかります。

    オフィスホワイトニングのメリットは1度の施術で白さアップの期待ができることです。時間のない方でも気軽に行うことがでます。*歯色の系統により白くならないこともあります。

    では、このオフィスホワイトニングから4ヶ月後どのくらい色が保たれているのかを写真で比較したいと思います。

    1枚目がオフィスホワイトニングから4ヶ月後の写真、2枚目がオフィスホワイトニングする前の写真です。

     

    4ヶ月後

    ホワイトニング前

    ホワイトニング前に比べると若干の明るさを保っていますがやはり後戻りがみられます。

    後戻りを軽減するためにはどうしたらよいでしょうか?

    *ホワイトニング直後の24時間以内は、特に着色しやすいので注意が必要です。通常、歯はペリクルと呼ばれる薄いタンパク質の被膜に覆われています。この被膜には、着色や虫歯などを防ぐ役目があります。ホワイトニング剤によって、ペリクルが剥がれているので、とても着色しやすくなっているのです。ペリクルはおよそ1日程度で、唾液中の成分によって再生されます。

    *沈着する前に着色汚れをケアしましょう。着色汚れは、歯の表面のペリクルに色が付くものです。これが積み重なると、歯の内部に沈着していきます。従って、汚れが沈着する前に、しっかりとケアすることで、後戻りを軽減できます。着色汚れ(ステイン)を除去する歯磨き粉や、歯科医院での定期的なクリーニングをすることで、沈着を防ぐことができます。

    *着色性の高い食生活を見直す必要があります。ホワイトニングで白くなった歯が、元の色へと戻っていってしまうのは、普段の食生活が大きく関わっています。着色性の高い食事を好んでいる場合は、それを少し見直すだけでも、後戻りを軽減させる助けになります。

    *オフィスホワイトニングのみの場合は定期的に受けましょう。2~4ヶ月くらいを目安にすることで、白さをキープすることができます。

    *ホームホワイトニングも活用しましょう。ホームホワイトニングを行うことで、何度もオフィスホワイトニングをしなくても継続して白さをキープできます。

     

    下記の写真は後戻りしてしまった歯をオフィスホワイトニングしたものと最初のオフィスホワイトニング後の写真を比較したものです。

     

    2回目のホワイトニング後

    1回目のホワイトニング後

    オフィスホワイトニングから4ヶ月後だいぶ後戻りがみられましたが2回目のオフィスホワイトニングをしたことで1回目より明るくなっています。

    ホワイトニングの施術が終わったら完了ではありません。後戻りを防ぐために、食生活を改めたり、ステインを防ぐケアを継続的に行うことで白さをキープすることができます。

    今回はオフィスホワイトニングの後戻りについてお話しましたが、ホワイトニングにも種類があり、ライフスタイルに合わせて選ぶことができます。また後戻りを防ぐために違う種類のホワイトニングを併用する方法などもあります。

    ホワイトニングをしてから期間があいてしまった方やこれからホワイトニングを考えている方ぜひ、ご相談下さい。お待ちしております。

    ホワイトニング モデルさんのように歯を白くするためには

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 歯肉のヒアルロン酸 ブラックトライアングルの解消

    こんにちは、院長の岩永です。今回は、ブラックトライアングルの解消治療の一つとしておこなう、歯肉のヒアルロン酸に関してお話ししたいと思います。

    ブラックトライアングルとは、歯周病による歯肉退縮や矯正治療後に起きる歯間部の隙間のことです。下記写真のように、歯と歯の間の歯肉寄りに空隙ができることによって、審美的に目立つようになってきます。治療として、完全に埋めるためにセラミック治療を行うこともありますが、歯冠の形態が四角形に近くなり審美的にもあまりお勧めはできません。そこで、永久的ではありませんが、ヒアルロン酸を歯肉に注入することによって、歯間乳頭の形態を一時的に回復し、ブラックトライアングルを審美的に解消することができます。(個人差はありますが効果は3カ月ほどなので、再度注入する必要があります。歯肉の状態によって効果がでないことがございます。その時はダイレクトボンドなどをご提案することもあります。

    治療期間 4回
    治療内容 ヒアルロン酸によるブラックトライアングルの解消
    治療箇所 1
    費用 7,700円×4回(税込み)
    治療内容
    リスク
    副作用
    時間が経つにつれ、元に戻ってくる(個人差あり)

    結婚式など一次的なイベント向きです

  • 切端部のダイレクトボンディング

    こんにちは、院長の岩永です。今回は切端部のダイレクトボンディングについてお話ししたいと思います。

    正中離開、矮小歯でダイレクトボンド(以降DB)を希望する方が多い中で、切端部の欠けているところを整えたい方もいらっしゃいます。切端部が欠ける原因として、①切端部が薄く、いつの間にかに欠けている場合や、②夜間の歯ぎしりで欠けてしまう場合、③もともとの噛み合わせが原因で欠けてしまう場合があります。

    ①、②に関しては夜間のマウスピース使用のもとDBは可能ですが、③に関してはDBは適応ではなく、対合を削るか、歯並びを矯正するかを考えなければなりません。

    今回は①のDB症例をご報告いたします

    治療内容 ハイブリッドレジンペーストで歯の形を作り光で固めて強度を出し、磨いてつやを出し、自然な歯の形態を作り見た目を回復する方法。
    治療期間 1回 削らず、エッチングのみ
    材質 グラディアダイレクト
    治療本数 3本
    費用 11,000円 x 3歯(税込み)
    主なリスク
    副作用
    • 極端に強い力や衝撃が加わると欠けたり取れたりすることがある
    • 経年的に変色や劣化してくる可能性がある
  • 抜く必要ある?親知らずに関して

    こんにちは、院長の岩永です。今回は、親知らずに関して話したいと思います。

    現在、コロナ禍で大学病院も受診制限をしている影響か、多くの方が親知らずを抜歯したいと来院されます。

    患者さんから、「大変では?親知らずを抜くと痛い、腫れるのでは?」と質問されますが、これは性質(骨の硬さ、歯の硬さ)、状態(炎症がないか、歯根の数、弯曲度)、場所(神経に近くないか)によって全く異なるものです。

    例えば、上顎の埋伏していない親知らずだと、麻酔時間をいれても約10分で抜歯可能なケースが多いです。ほとんど腫れることもなく、痛み止めを飲まなかったとおっしゃる方もいらっしゃいます。反対に、下顎で埋伏している親知らずですと、歯肉剥離、骨削除、歯冠歯根分割などを行いますので、時間もかかりますし術後は、腫れたり痛みがでます。大学病院で抜歯する歯はほとんどがこの下顎の埋伏歯です。

    下顎埋伏歯の症例イラストがあるのでご紹介いたします。

    様々なケースがある中で、classⅠ~Ⅲは歯冠の埋伏深度が同じで、下歯槽神経との距離で区別されています。勿論、Ⅲが大変なことを申し上げることもないとおもいますが、この場合は必ずCT撮影をし、神経との位置関係を把握することが必要です。次にpositionA~Cは、埋伏歯の深度で区別されています。隣の歯が同じ位置にあると仮定して、深くなるほど抜歯は困難になってきます。positionB,CはCTが必要で、歯槽骨を大きく削除します。(かなり腫れます、術後の痛みも長いです、positionCに関しては症状がなければリスクがあるので抜歯しない方がいいです。)他にも、多種多様な状況があります。

    このように親知らずは、人によって生え方が全く違うので、全然痛くなかったとか、腫れなかったなど他人の情報は参考になりません。まずは歯医者さん(できれば口腔外科出身の先生)を受診し、レントゲンを撮りどのうような状態になっているかを確認し、説明を受けることがご自身の親知らずを理解できる適切な方法だと思います。

    親知らずの関連記事

    親知らず

  • 歯科治療が怖い方へ<笑気麻酔>

    皆様こんにちは。

    皆様は笑気吸入鎮静法ということばを耳にしたことはありますか?

    今回は歯科治療における笑気吸入鎮静法についてお話したいと思います。

     

    歯科治療を行う上で、患者さんの不安や緊張などの精神的ストレスを軽くすることは大切です。

    当医院を受診される方々に、より安全な医療を提供する方法の一つとして、笑気吸入鎮静法をご紹介します。(保険適応、除外あり)

     

    まず、笑気吸入鎮静法がどんなもので、どんな装置で行うのか、お話します。

    30%の笑気と70%以上の酸素と共に吸入させます。安全性は高く、鼻マスクを装着して、鼻呼吸で吸入し、数分間で効果が出ます。効果が出たら、必要に応じ局所麻酔等を使い、歯科治療を行います。治療が終わったら5分ほど100%酸素を吸入させて、装置を外して終了です。

    では、笑気吸入鎮静法にはどんなメリットがあるのでしょうか。以下に箇条書きにします。

    ①治療中のリラックス効果と鎮痛効果を得られる

    ②不安感や緊張感を軽減し、治療が安全に行える

    ③早く効き、早く覚める(静脈内鎮静法、全身麻酔と比べて)

    ④肝臓の負担がない

    ⑤肺や心臓にほとんど影響がない

     

    適用例は、

    ①インプラントや親知らずの抜歯など、外科手術をするとき

    ②歯科治療が怖い方(鼻呼吸ができる幼児も含む)

    ③血圧に異常がある場合

    などです。

    私の体験談をお話しすると、次第に意識が遠のき、ぼーっとしているうちに、気づいた時には治療が終わっていた、という感じでした。ご参考まで。

    ただし鎮痛効果はないので、痛い場合は局所麻酔を使います。意識がなくなることはありませんので、治療が終わったら5分ほどでお帰りになれます。

    ご興味がある方は、お申し出ください。(当日ですとできないことがございます)

     

     

     

  • 待合室での感染予防

    こんにちは 歯科助手の三浦です。

    緊急事態宣言の延長が発表され、感染予防に気を配る生活が続きますね。

     

    当医院の感染対策については以前ブログでご紹介しましたが

    今回は〈 待合室における予防対策 〉についてお話します。

     

    ✳消毒液を
    入口と待合室内のテーブル

    2ヶ所に設置しています。

    来院時やお会計後などにご利用下さい。

     

     

    ✳入口に非接触型の体温計を設置しています。

    測りかたは、赤丸印に額を近づけるだけです。
    印から「こぶし一つ分」空けて測ります。(近づきすぎても遠すぎても上手く測定できません。)

    上手く測定できない方や、身長が届かないお子さまには
    ハンドタイプの体温計もご用意していますのでお声がけください。

     

     


    ✳次亜塩素酸 空間除菌脱臭機「ジアイーノ」で 菌やウイルスを除菌・抑制。

     

    ✳待合室の雑誌や絵本を当面の間、撤去しています。
    ご不便をお掛けして申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

     

    ご来院の皆さまには、日頃より感染対策にご協力頂き、ありがとうございます。

    今後も皆さまに安心して来院していただけるよう努めてまいります。

    感染予防に関する記事

    新型コロナウイルス感染症対策

    院内感染対策

     

     

  • 歯ブラシの処方

    こんにちは。歯科衛生士の長谷川です。

    寒暖差が激しい日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

    風邪などひいていらっしゃらないでしょうか。

    風邪をひいて、病院に行ったときなどは、その症状に合わせて病院からお薬が処方されますよね。

    では、「歯ブラシの処方」というものがあることを、ご存知でしょうか?

    歯ブラシの処方というのは、患者様のお口の中の症状や、お口の大きさなど、さまざまな状態から、歯科医師または歯科衛生士がお一人お一人に合った歯ブラシを選んで、処方することなのです。

    歯ブラシは、たくさんの種類があり、大きさや、形、毛の硬さなど、それぞれいろいろな特徴を持っています。

    歯磨きの仕方もとても大切ですが、歯ブラシは、自分に合っているものを使うこと!

    これもとても大切なことで、むし歯や歯周病を予防したり、症状を改善させるための近道なのです。

    ここで当院で扱っている歯ブラシをご紹介いたします。

    ①システマ44M

    こちらは狭い歯と歯の隙間や歯周ポケットに届くスーパーテーパードというとても細くしなやかな毛を使っています。歯茎にストレスをあたえないやさしい磨き心地です。

    ヘッドが小さく奥歯にも届きやすいです。歯肉炎や歯周病のケアに、インプラントや矯正装置がついている方にもご使用いただけます。

     

     

    ②ルシェロこちらは女性に向けて作られた歯ブラシになります。

    コンパクトなサイズでカラーもやわらかい雰囲気がまさに女性向けな感じがしますね。

    こちらは毛の長さに特徴があります。長い毛と短い毛を混合させることで段差をつくっています。歯ブラシを歯に当てると長い部分が歯と歯の隙間に入るので歯の面と隙間を同時に磨けます。

    いかがでしたか?様々な特徴を持った歯ブラシの中からご自身にあった歯ブラシを選ぶのはなかなか難しいですよね。

    口の中状況は本当に人それぞれです。

    むし歯になりやすい方、歯周病リスクの高い方、歯並びが悪く磨きにくい方、歯磨きの時間がなかなか取れない方、矯正治療中の方、被せ物・ブリッジ・インプラントなどの人工物が多い方、本当に人それぞれです。

    そんなみなさんが同じ歯ブラシを使ったとして、口腔内が健康になるでしょうか。

    患者さんお一人お一人、改善したい症状は違います。

    当医院では、患者様のお口の中の状態やリスクに合わせて、お一人お一人に合った歯ブラシを処方させていただいております。

    ぜひ、お気軽にお声がけください。

     

ご予約・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

03-3962-0012

【診療時間】10:00-13:00 / 14:20-18:40
※診療時間10分前最終受付
土曜午後は14:20-18:00
日曜は10:00-14:00
【休診日】木曜、日曜(不定期)、祝日

JR埼京線 板橋駅西口より徒歩0分
地下鉄三田線 新板橋駅より徒歩5分
東武東上線 下板橋駅より徒歩6分

〒173-0004 東京都板橋区板橋1-14-6

診療時間

岩永歯科医院

診療カレンダー

:休診 :矯正診療 :日曜診療