• 6歳臼歯の大切さ

    歯科助手の三浦です。

    歯には大きくわけて
    前歯と奥歯(臼歯)がありますね。

    奥歯が臼歯と呼ばれるのは、臼(うす)のような形をしているためです。

    おもに食べ物をかみつぶす役割をしています。

    乳歯(子供の歯)から永久歯(大人の歯)に生えかわる際、

    1番最初に生えてくる永久歯を

    「6歳臼歯」と呼びます。

    生えかわり時期には個人差がありますが
    だいたい6歳頃に生えてくるため
    そのように呼ばれています。

    この歯は、上下の噛み合わせを決定する大切な役目をします!

    そのため正しい場所にしっかりと生えていなければ、

    あとから生えてくる永久歯の歯ならびや

    顔の形などに悪い影響を及ぼすことにもなります。

    つまりとても大切な歯!なのですが…

    この6歳臼歯、
    たいへん虫歯になりやすいのです。

    6歳臼歯が生えてくる時期は、子どもがお菓子などの甘味類に最も興味をもつ時期であり

    また、自我が芽生えはじめ、お母さんのしつけに抵抗を示し始める時期でもあります。

    そんなときに、まだやわらかい(未石灰化)6歳臼歯が歯みがきの難しい所(乳臼歯の奥)に生えてくるのです。

    生えはじめの6歳臼歯は、一番奥にあり手前の乳歯より高さが低いため

    ○食べカスが溜まりやすく、
    ○歯ブラシも届きにくい

    です。

    この先何十年 大切な役割をする歯なのに
    虫歯になりやすいなんて厄介ですよね。

    ですのでよく注意して、この大切な歯をむし歯から守っていく必要があります!

     

    夏休み中は食生活も不規則になりがちです。

    時間に余裕のある長期休みの間に

    お子さんの歯の検診・クリーニングにいらしてみてはいかがでしょうか。

     

ご予約・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

03-3962-0012

【診療時間】10:00-13:00 / 14:20-18:40
※診療時間20分前最終受付
土曜午後は14:20-18:00
日曜は10:00-14:00
【休診日】木曜、日曜(不定期)、祝日

JR埼京線 板橋駅西口より徒歩0分
地下鉄三田線 新板橋駅より徒歩5分
東武東上線 下板橋駅より徒歩6分

〒173-0004 東京都板橋区板橋1-14-6

診療時間

岩永歯科医院

診療カレンダー

:休診 :矯正診療 :日曜診療